福岡県立筑紫中央高等学校 同窓会 [公式ウェブサイト]


同窓会会則

福岡県立筑紫中央高等学校 同窓会会則

第一章  総則

(名称及び事務局)
第1条
本会は福岡県立筑紫中央高等学校(以下、「本校」という。)同窓会と称し、事務局を大野城市中央2丁目3番18号財団法人筑紫中央協会「みかさ会館」(同窓会会館)内に置く。
(組織)
第2条
本会は、次の会員をもって組織する。
(目的)
第3条
本会は、会員相互の親睦を深め、母校の発展に寄与することを目的とする。
(事業)
第4条
本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

第二章 役員

(役員)
第5条
本会に次の役員を置く。
(顧問及び相談役)
   
第6条
本会に顧問及び相談役をおくことができる。
2顧問及び相談役は、常任理事会の同意を得て会長が委嘱する。
(役員の任務及び任期)
第7条
本会の役員は、次のとおりとし、その任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
2役員に欠員ができた場合は、随時補充するものとし、その任期は前任者の残任期間とする。
3役員は、任期満了後もあらたに後任者が就任するまで引きつづきその職務を行う。
(役員の選出方法)
第8条
会長及び副会長は、普通会員のなかから選出するものとし、常任理事及び理事の中から選出された者で構成する選考委員会で選考のうえ、総会において決定する。
2事務局長、庶務及び財務の各担当常任理事は、常任理事のなかから会長が理事会の同意を得て委嘱する。
3常任理事は、各卒業年次を勘案しながら会員のなかから選出するものとする。
4理事は、次に掲げる区分のなかからそれぞれ互選する。
5監事は、会員のなかから総会で決定する。

第三章 会議

(会議)
第9条
本会に次の会議をおく。
(会議の開催及び所掌事務)
第10条
総会は、本会の最高議決機関とし、年1回開催し、次の事務を所掌する。ただし、必要に応じ臨時に開催することができる。
2運営委員会は、第5条第1号から第5号までの役員で構成し次の事務を所掌する。
3常任理事会は、第5条第1号から第6号までの役員で構成し、本会の運営に関する協議を行い会務を分担し、執行する。
4理事会は、第5条第1号から第7号までの役員で構成し、運営委員会や常任理事会の諮問に応じて本会の運営に監視、協議するものとする。
5運営委員会及び常任理事会は、構成人員の過半数の出席がなければ成立しない。
ただし、委任状により権限を委任することができる。
(会議の議決)
第11条
本会のすべての会議の議決は、出席者の過半数の同意を得なければならない。ただし、可否同数の場合は、議長の決するところによる。

第4章 会計

(会計年度)
第12条
本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
(経費)
第13条
本会の経費は、会費、寄付金及びその他の収入をもってあてる。
2本会の普通会員は、入会時に会費を納めなければならない。会費の額については別に定める。
3本会の事業に要する経費の一部は、その事業の参加者に負担させることができる。

第5章 雑則

(委任)
第14条
この会則の施行に関し、必要な事項は、会長が運営委員会に諮り定める。

附則


トップページに戻る


c2011 The Alumni Association of Fukuoka Prefectural Chikushi Chuo Senior High School.All Rights Reserved.